This is the "景観文化財学" page of the "3L007 / 4L007 / 3L257 景観文化財学(菊地真)" guide.
Alternate Page for Screenreader Users
Skip to Page Navigation
Skip to Page Content
KULiP Homepage

3L007 / 4L007 / 3L257 景観文化財学(菊地真)  

最終更新日: Oct 12, 2017 URL: http://kobe-u.libguides.com/content.php?pid=708052 ガイドを印刷する RSSの更新
景観文化財学 ページを印刷する
  検索: 
 
 

授業情報

景観文化財学

 ○時間割コード
   3L007/4L007/3L257

 ○開講区分・時間割コード・曜日・時限
   後 期:3L257 金2/シラバス
   第3Q:3L007 金2/シラバス
   第4Q:4L007 金2/シラバス

 ○担当教員
   菊地真先生

 ○キーワード
   文化財 博物館 現地保存 景観文化財
      エコミュージアム 野外博物館 史跡
        町並み保存

 ○うりぼーネット(シラバス詳細)

 ○神戸大学LMS BEEF(学修支援システム)

 

所蔵検索

授業に関連した図書をさらに探したいときは、
「授業情報」欄のキーワードでOPACを検索したり、
下のリンクをクリックしてみましょう。

  景観保全  / 風景論  / 観光開発

  町屋  / 近代建築  / 文化財 保存・修復

  文化政策

神戸大学資料検索システムOPAC

データベース

担当教員

菊地 真  キクチ マコト

お問い合わせ先

Profile Image
附属図書館 情報リテラシー係
お問合せ先
Tel : 078(803)5313
Fax: 078(803)7320
Send E-Mail
 

アンケート

この情報は役に立ちましたか?

このページは役に立ちましたか?
(1 = 役に立たない, 5 = とても役に立つ)

ご意見・ご感想(ご自由にどうぞ)


あなたのeメールアドレス
(回答が必要な場合のみご記入ください):


 

授業資料ガイド

景観文化財学の資料です。以下のリンクから資料一覧(PDF)が見られます。

印刷用資料リスト:景観文化財学 基本資料(PDF)  Icon
景観、文化財に関するの基本資料です。

印刷用資料リスト:景観文化財学 発展資料(PDF)  Icon
景観、文化財に関する発展的資料です。より詳しく学習したい人向けです。

 

参考資料

Cover Art
文化的景観 : 生活となりわいの物語 - 金田章裕著
ISBN: 4532168295
出版者・出版年: 日本経済新聞出版社 2012
文化的景観は日本の文化財の新しい概念です。地域における人々の生活と生業を物語る存在である景観を、どのように捉え、守っていくか。地理学で知られる筆者が語りかけます。

Cover Art
遺跡保存の事典 - 文化財保存全国協議会編
ISBN: 4582120113
出版者・出版年: 平凡社 2006
【新版】
埋蔵文化財とも呼ばれる遺跡は、発掘調査で新発見があると華々しく報道されますが、その実、毎年数多くの遺跡が開発によって破壊されてきました。過去人類の遺産である遺跡をいかに保存していくか、を考えます。

Cover Art
文化財保存70年の歴史 : 明日への文化遺産 - 文化財保存全国協議会編
ISBN: 4787717073
出版者・出版年: 新泉社 2017
【新版】
特に遺跡(埋蔵文化財)に焦点を当て、戦後70年にわたる保存活動のあゆみを総括し、今後を展望します。

Cover Art
歴史的遺産の保存・活用とまちづくり - 大河直躬, 三舩康道編著 ; 梅津章子 [ほか] 著
ISBN: 4761531398
出版者・出版年: 学芸出版社 2006
歴史的遺産の保存から活用、まちづくりまでを考えます。日本の法制度や補助事業、アメリカや日本における実践例、都市計画での位置付け、NPOの関わり方など、最近の動きと考え方を解説しています。

Cover Art
遺跡と観光 - 澤村明著
ISBN: 4886215645
出版者・出版年: 同成社 2011
遺跡など文化遺産がその地域にもたらす様々な「効果」について経済学の立場から分析。文化遺産の調査や保存の成果を、観光など地域の活性化、地域社会の持続的発展にどう生かすかを懇切に語る。

Cover Art
歴史的遺産の保護 - 加藤一郎, 野村好弘編
ISBN: 4797250127
出版者・出版年: 信山社 1997
文化財をはじめ、歴史的遺産を守る手法は何だろうか。法律学の立場から、歴史保全活動が盛んなアメリカの法制度を中心に、日本やアジア太平洋諸国の法制度の現状と問題点を明らかにした。

Cover Art
現代の建築保存論 - 鈴木博之著
ISBN: 4900456942
出版者・出版年: 王国社 2001
著者による建築保存の論考を集めた本。建造物の保存と文化財保護法との関わり、近現代の歴史的建造物を残す取り組み、都市ととの関わりなど、多岐に渡ります。

Cover Art
文化財学講座  Icon
【参考:研究室資料】
雑誌『博物館研究』(日本博物館協会)、『博物館学雑誌』、『Musee ミュゼ』、『明日への文化財』、『考古学ジャーナル』、『世界遺産年報』
図書『世界遺産の文化的景観』、『博物館学を学ぶ人のためのミュージアムスタディガイド』、など

文化財学講座研究室(文学部)では、文化遺産や景観に関する専門書や雑誌を所蔵しています。上記の資料のほかもありますので、利用希望者は事前にお問い合わせください。

Cover Art
文化財学講座  Icon
【参考:研究集会報告】文化財の保存に関する国際研究集会;文化遺産調査資料集;遺跡整備・活用研究集会;保存科学研究集会;文化的景観研究集会;奈良国際シンポジウム;文化遺産保護報告集

東京・奈良の国立文化財研究所によって例年、文化財関係の研究集会が開催されていまする。報告書は人文科学図書館、文化財学講座などで所蔵。関心ある方は、上記タイトルで検索のこと。

説明

Loading  処理中...

Tip