This is the "地域歴史遺産保全活用基礎論A" page of the "3L153 / 4L153 / 3L403 地域歴史遺産保全活用基礎論B (河島真)" guide.
Alternate Page for Screenreader Users
Skip to Page Navigation
Skip to Page Content
KULiP Homepage

3L153 / 4L153 / 3L403 地域歴史遺産保全活用基礎論B (河島真)  

最終更新日: Oct 12, 2017 URL: http://kobe-u.libguides.com/content.php?pid=708017 ガイドを印刷する RSSの更新
地域歴史遺産保全活用基礎論A ページを印刷する
  検索: 
 
 

授業情報

地域歴史遺産保全活用基礎論B

 ○時間割コード
  3L153/4L153/3L403

 ○開講区分・時間割コード・曜日・時限
    後 期:3L403 金1/シラバス
    第3Q:3L153 金1/シラバス
    第4Q:4L153 金1/シラバス

 ○担当教員
   河島真先生

 ○キーワード
   地域歴史遺産 地域文化財

 ○うりぼーネット(シラバス詳細)

 

このガイドを印刷する

 

所蔵検索

授業に関連した図書をさらに探したいときは、
「授業情報」欄のキーワードでOPACを検索したり、
下のリンクをクリックしてみましょう。

  博物館学  / 文化財保護  / 地域学

  郷土研究  / 郷土資料  / 資料保存

神戸大学資料検索システムOPAC

データベース

担当教員

お問い合わせ先

Profile Image
附属図書館 情報リテラシー係
お問合せ先
Tel : 078(803)5313
Fax: 078(803)7320
Send E-Mail
 

アンケート

この情報は役に立ちましたか?

このページは役に立ちましたか?
(1 = 役に立たない, 5 = とても役に立つ)

ご意見・ご感想(ご自由にどうぞ)


あなたのeメールアドレス
(回答が必要な場合のみご記入ください):


 

地域歴史遺産保全活用基礎論

Cover Art
「地域歴史遺産」の可能性 - 神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター編
ISBN: 4872948165
出版者・出版年: 岩田書院 2013
「地域歴史遺産」の保全・活用を考え、実践してきた著者たちによる、「地域歴史遺産」論の入門書。「地域社会の変容と『地域歴史遺産』」、「『地域歴史資料学』の広がり」、「『地域歴史遺産』『地域歴史資料学』を担う人びと」の三部から成り、資料の保全と活用の多様なあり方を提唱する内容となっている。

Cover Art
歴史文化を大災害から守る : 地域歴史資料学の構築 - 奥村弘編
ISBN: 4130201522
出版者・出版年: 東京大学出版会 2014
阪神・淡路大震災を経験した神戸で構築されてきた、歴史文化を災害から守る手立て。
地域に根差し、市民と連携した地域歴史資料学について具体的に紹介する。

Cover Art
大震災と歴史資料保存 : 阪神・淡路大震災から東日本大震災へ - 奥村弘著
ISBN: 4642038108
出版者・出版年: 吉川弘文館 2012
阪神淡路大震災をきっかけとして歴史資料の救出活動を展開し、その後地域に残る歴史資料を活用することを通した「まちづくり」、「むらおこし」を提唱した著者の論考を集めたもの。
博物館に収蔵される「選ばれた資料」だけでなく、地域に残る資料を地域で保全し活用することをめざす「地域歴史遺産」論を知る上で必読の書。

Cover Art
市町村合併の幻想 - 岡田知弘, 京都自治体問題研究所編
ISBN: 4880373923
出版者・出版年: 自治体研究者 2004
戦後日本の博物館を支えてきた地方自治体が危機に瀕している。地方自治体の危機の背景には何があるのか、それを立て直そうとする政策のどこが問題なのか、そして地方自治体と立て直す秘策はあるのか。自由競争のるつぼの中に放り込まれ呻吟する地方の博物館の未来を考える手がかりを得たい。

Cover Art
歴史資料の保存と地方史研究 - 地方史研究協議会編
ISBN: 4872945867
出版者・出版年: 岩田書院 2009
地方史の研究で欠かせない、資料の保存と博物館等の役割について、歴史資料の保存とは何か、という根本に立ち返ったうえで議論、検討した記録。

Cover Art
地域と人びとをささえる資料 : 古文書からプランクトンまで - 神奈川地域資料保全ネットワーク編
ISBN: 4585221506
出版者・出版年: 勉誠出版 2016
地域の資料は災害によらずとも、現在半ば恒常的に存続の危機に直面している。一方で、地域社会で人々のつながりを強める役割を果たしている事例も少なくない。地域資料を保存し、活用していくにはどうしたらよいのかを、現場の経験から探っており、参考となります。

Cover Art
過去を伝える、今を遺す : 歴史資料、文化遺産、情報資源は誰のものか - 九州史学会, 史学会編
ISBN: 4634600242
出版者・出版年: 山川出版社 2015
史学会125周年記念。アーカイブズ学や歴史教育といった観点から、史料とデジタル化、教育、市民や若い世代への継承をテーマに取り上げます。記憶や記録を真に人々の共有財産として活かすにはどうしたらいいかを問いかけています。

Cover Art
人文系博物館資料論 - 青木豊編
ISBN: 4639022158
出版者・出版年: 雄山閣 2012
博物館資料について具体的に学習するための図書として、以下を紹介する。青木氏の本は歴史博物館など人文系の博物館を中心に、資料の収集から展示までを論じています。

Cover Art
自治体史編纂と史料保存 - 高橋実著
ISBN: 4900697788
出版者・出版年: 岩田書院 1997
自治体史編纂事業は、地域の幅広い文化運動と史料保存運動が軸となるべきことや、史料保存と文書館をめぐる具体的な課題について論じています。

Cover Art
21世紀の文化行政 : 地域史料の保存と活用 - 地方史研究協議会編
ISBN: 4626016596
出版者・出版年: 名著出版 2001
財政再建・行政革命のなか、埋蔵文化財、歴史系博物館、地域博物館、文書館それぞれの立場から、史資料の保存と公開のために実現してきた理念・法制・施設を議論しています。

Cover Art
歴史遺産を未来へ - 平川新, 佐藤大介編
ISBN: 9784901449762
出版者・出版年: 東北大学東北アジア研究センター 2011
東日本で取り組まれてきた資料保全の事例から、地域歴史遺産を千年後まで伝える方法を検討する。2010年のシンポジウム記録で、2011年東日本大震災以前から行われてきた取り組みを知る上でも貴重。

Cover Art
社会変容と民間アーカイブズ : 地域の持続へ向けて - 国文学研究資料館編
ISBN: 4585200541
出版者・出版年: 勉誠出版 2017
社会変容と民間アーカイブズ : 地域の持続へ向けて / 国文学研究資料館編

Cover Art
〈総合資料学〉の挑戦 : 異分野融合研究の最前線 - 国立歴史民俗博物館編
ISBN: 4642038663
出版者・出版年: 吉川弘文館 2017
〈総合資料学〉の挑戦 : 異分野融合研究の最前線 / 国立歴史民俗博物館編

説明

Loading  処理中...

Tip